So-net無料ブログ作成
旅行・マイレージ・ポイント ブログトップ
前の10件 | -

毎度! その① [旅行・マイレージ・ポイント]

年間を通して同じような生活をしてると、それが何年前の事だったか、良く分からなくなる。

季節の変化を、上空10,000m、10時間以上のフライトでBack and forthしてると、季節をも飛び越える。

暑い・・・

整髪剤、髪の毛につけるところ、シャンプーの如く頭皮に刷り込もうとしてる・・・寝起きが悪い時
朝、五時に目が覚めて二度寝ができない・・・これは加齢現象
宝くじのCMの女優さんの名前を思い出すのに二日かかかった。。。仕方ない

やる気が失せる暑さだけど、秋のMile Stoneをモチベーションに、日々やるべきこと、やらねばならぬことを考えて判断して前に進んでる、進めてる。
業務で考え事ばかりしてるとPrivateで、今、考えなくても良いこと・すぐに答えを出す必然性がないことは棚に上げてる。

久々に、二週間北米に行ってきました。
2014年は、中一日でとんぼ返りが多かったけど、今年は新規案件の仕上げの年にて、ちょっと腰据えてWorkしてきた。

久しぶりに成田発の便にしました。

CIMG2367.JPG
久々の成田にて、気合が入りすぎて3時間前に到着
そして、この日はシアトル行きにて、7~8時間で到着しちゃうから、東海岸へのフライトに比べ4時間程度短いフライト。
ならばと、搭乗前にガッツし呑んで寝る体制の準備に余念は無しw
 
CIMG2368.JPG
777です。
羽の軸、日本語で何というのでしょうか、ヘリボーン式に初めて遭遇したのがデルタの777でした。
デルタなら国際線・米国内東西路線に使用されてる767の座席配列、多くの日系が採用してるストレートFaceの互い違い配列の方が効率的と思います。
デルタの贅沢の極みは、747の二階にヘリボーンで片側一列で座席と配置してること
アッパーデッキは14席しかない・・・とはいっても大好きな72Kの座席番号は継承されてます。
アッパーデッキの72Kは進行方向右手の最前席。
 
CIMG2369.JPG
ちょっと変わった?
欧州のエッセンスと感じる食事。
深夜羽田発の簡素なMain Dinnerに慣れてるからか
シアトル便なのに、LAXベース・アトランタベースの乗務員とのアナウンスで、このフライトはめずらしいTeam編成と思った。前日の日本以外のアジア⇒成田便のダイヤ乱れたのか、と勝手に想像。
 
 
CIMG2373.JPG
感想・・・前菜で力尽きたか?
 
 
CIMG2376.JPG
Beef please
これは力作でしたw
 成田からの太平洋横断線、Major路線です。
 
CIMG2377.JPG
いつものデザート
チーズを一かじりしてる写真は、ご愛嬌にてw
 
CIMG2379.JPG
シアトル迄 10,183km
高度 10,873m・・・ちょっと高め
追い風 83m・・・弱め
夏は、追い風が強いのですが、高度約11,000m迄上げて追い風80mは、季節的にちょい違和感を感じました。
離陸後のCaptainアナウンスで定刻通りの到着を思い出す。
この日、45分で入国を済ませて次の乗継便にて、45分で国際線からの乗継はキツイ・・。けどSEA発を一本後の便にすると目的地着が23時ころとなるので、これは避けたい・・・翌朝がキツイ
Minimun Connection Timeを満たしてるから、乗れるはずである、と信じる。
SEAは、昨年アトランタ⇒成田の途上で緊急着陸した場所、一晩空港で過ごしたOne of 鬼門。
 
搭乗券をあらためて見てみると「TSA Pre-Check」の文字発見。
これがあると、乗継便へのSecurityが簡便になります。
専用レーンで、通常はBagから出すべきものを出さなくてよい、等々。
TSA Pre-Checkがアサインされるスキームは保安上開示されてません。
自身の経験でも、このLuckyの確立は高くないと思います。
15年以上行ってる馴染みの街の空港から出る時は、高い確率となるようです。
To payで確立を高くするスキームもあるようです。
善人・常連優先Laneみたいなのがあれば良いんですけどね。
Security強化のおかげで安全に搭乗できてると思えば、こんな愚痴はアウトですね。
 
 
CIMG2380.JPG
朝食・・・ランチ?
キッシュ・・・これも力作
 
 入国審査・・・良く覚えてないので、たぶん一言・二言のインタビューで終わったと思います。
45分で、無事乗り継ぎました。
 
CIMG2386.JPG
たぶん、ボーイングの工場
SEAの北側、バンクーバより南。
六機、滑走路への出待ちポジションに並んでます、出荷待ちか、Test飛行か、どっちでしょうね?
手前四機と向こう二機、先頭の向きが逆ですね。
 
 
CIMG2387.JPG
 
 
CIMG2392.JPG
CIMG2392.JPG
 
山、越えました。
 
 
 
CIMG2395.JPG
この日の目的地、到着
 
 
二回目の入国審査、何しに来た? あなたは何者? 何日居る?、といった普通のインタビューで二回目の入国を通過。
 
この日はTeamメンバーの中で一番早く到着しましたので、レンタPickしてさっさとホテル行きました。
#1 Gold Deskは空港の目の前のParking lot内にありますが、前のおっさんが車変えろのなんたらかんたら。。。10分くらいこっちのおっさんは黙って待ってたら、自分の後のお兄さんが自身の名前を行って鍵をさっさと渡して!と、Pressしてくれたので、漁夫の利でした。
 
酒屋に寄ってBeer買って、Local Time 15時頃Hotelに着きました。
チェックインで、Facilityメンテナンスで部屋が無いから別のHotelを紹介する、、、唖然
以下、つづく、です。
 
夏休み、盆時期に取ります。
特に予定も無く、Walking、読書、テレビ鑑賞、近所の酒場めぐり、といったところでしょう。
休暇取って、何かBig Eventする気合が出てこない
休暇まで、走馬灯の如く、もとい、馬車馬のようにWorkして一息つくModeにて
 
 
 
 
つづく
 
 
 
 
 
 
 
 

nice!(24)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2015年折り返し点、近し [旅行・マイレージ・ポイント]

2015年6月、今月が終わると今年も半分が終わってしまう。

国際免許が有効期間満了してる切れてるはず、と確認し(切れてました) 、今月の海外行きは単独行の日もあるので、自分で運転できる体制を整えてるはMust、、、近々、最寄りの警察署で更新してきます。

パスポート、発行から満5年経過、こちらも半分が経過した。
スタンプを数えてみたら、約80個

米国 約23個 
 ⇒ 年4回x5年=20回、だいたい記憶と合ってる
   テキサスから日帰りでメキシコでWorkし、戻る際に米国入国を押印
   カナダからアメリカ経由で日本に戻る時、Transitでたった一時間米国滞在でも押印して
   どうであれ米国入国が掟
EU 約4個
カナダ 約4個
メキシコ 約2個
他は、中国・香港の入境・出境約40個
 ⇒ 日本から5年間で40回じゃありません。
      華南に数週間滞在を一年間で数回繰り返し、香港へ日帰り出張を繰り返した年がありました。
    内、週末、小龍包食べにHKへ行ったのも数回あったはず
    HK Visa持ってる人は「市民」のレーン使ってたけど、押印されてたのかなぁ
成田の「帰国」1個・・・自動化ゲートがWorkしてなかったんでしょう。

ブランクPageが約30ページ、残り5年間、増刷の懸念は不要ですね。
5年前に満了したパスポートは、日本の出国・入国が押してあったので増刷の懸念がありましたが、
途中から日本は自動化Gateが登場し、安堵でした。

あらためてパスポートのスタンプを眺めてみると;
1) 米国・中国・香港・カナダは国毎にまとめて押印のケースが多い。
  自身も、パスポートに搭乗券を挟んだり、クリップを止めて「この辺に押してください」
  のオーラをプンプン出した小細工アピールは無遠慮にする時があります
2) EUは、入国してる国が違うから、結構気まぐれ?
3) 唯一の日本の「帰国」すたんぷは、端っこに3x3cm程の余白があるところに天地ブレなく
  押してくれてる・・・自動化Gateが故障で、自身が「押されたくない!」って言ったのかもしれません、
  日本の戻りですから。

昨今、羽田戻りで22時代着の便を使いますので、そこかr自宅への終バス・終電気にしますが、その日本のスタンプ押印の年は成田Mainだったから、香港からなら13時前後に到着、アメリカからなら16時前後に到着にて、時間は気にする必要ないので、審査官に向かって悪態(?)したのかぁな?、、、記憶に無いです。

兎に角、スタンプはまとまって押されているに限る
業務の資料は、簡潔明瞭、ページ数が少ない方が良い
ブログは、ダラダラに限る・・・決めつけでした。

年に数回しか書かないから、その時思ってること、過去数ヶ月に起きたこと、ベタベタと書いてます。
きっと10年後、このBlogがActiveだったら、見返して恥ずかしくなるんでしょうね
毎日更新、短文、写真、Pureな日記。。。みたいなの自分、できないなぁ

自分のパスポート/海外渡航歴を眺めるのも、ま、一種の読書ですかね
子供の頃、時刻表を「読んで」仮想の旅をした気分になってました。
中学生の頃、叔母が伊豆に行くから時刻表調べてくて、と、言われたのがきっかけだったと思う。
18歳以降、国内は車移動派をズーーット続けてます。
片道500km程度なら、2~3回SA・PAで小休憩で一気に移動するタイプです。
米国なら片道500マイルは、普通だし、欧州なら500kmの移動は速度が倍以上だから半分の時間で到着するし

日帰りバス旅行のチラシ、房総、新潟、伊豆等々で、食べ放題のお土産満載で¥4,980とか憧れるけど、未だ未体験・・・たぶん次回jのバスツアーは異国のGuestと はとバスに乗るのだろね000?
自分で運転するのが おっくう になったら、バスツアーか青春18きっぷ ダ!

最近どうしてるか・・・会社員時代に仕込んでたWorkが、ちょっと違う展開で花開きそうなので、追い込みしてます。
長年のおつきあいの米国の方々とは、相変わらず前線からバックヤード迄の何でも屋のミッションを受けてます。

週末Walking、そこそこ継続してます。

3月~5月、やたらと宴会が多かったので、財布が悲鳴を上げてます。
一次会で帰るケースがレアにて・・・

 

1.jpg
@浜松町、品川寄り おでんand 串焼きの 昭和の居酒屋
お取引様と三人
四合瓶を三人で1.5本空けて、ほろ酔い
東京駅で、ラッキーにも中央ライナーに乗れた
 
 

 

2.jpg
自宅から徒歩圏内の居酒屋@三人
内、一名の壮行会ということでした
ここのマスターは、海鮮系の秘密の仕入れルートがあるそうな
 
 
3.jpg
イタリアンRestrante
100名弱の大宴会
貸しきりにて、皆、はしゃぎまくり
 
 
8.jpg
シュラスコRestrante@六本木ヒルズ w/ 異国からのGuest
この日は、自身がHost/Ownerでした
表参道の「コノ」店を予約しようとしたら満席で予約取れず。
Join予定の都内勤務の方に、「コノ」店みたいな「肉系」どっかないか、
溜池の米国National系は高すぎるからOutでChoiseして、と頼んだら
丸の内とヒルズにも同店があり、Guest銀座宿泊にて
丸の内を予約してくれた・・・段取り、早!

都内に三店舗あったとは、知らんかった
各店のメニューを見たら、丸の内だけがちょっと高かった。
Guestは銀座に宿泊してるから、丸の内と思いましたが、
六本木店は表参道店と同価格・二次会も勘案し、六本木店に決定し
丸の内店をキャンセルして、六本木店を予約
 
 
10.jpg
ザ・リッツ・カールトン東京 Sky Bar@Mid-Town
シュラスコのレストランを出て、二次会は先の都内勤務氏に委ねてた。
予約取れたの、1.5時間後なんで・・・青い顔しとるし、どっかツナギ探しますって「力」入りすぎ
1,5時間あるなら六本木で誰かShot-bar か Irish Pubみたいの知ってる?
って、モテナス側の野郎三人誰も知らない・・
ならば、麻布十番だ!
と、号令するも、約一名、Guestを残して「走る、脚で稼ぐ」の
行動開始して行方不明、携帯も出ず。・
アマンド前で、15分程 Guestと世間話しも、立ち話しながら、次も手を案じなじめ、、
タクシーで十番行っちゃおうか、ってタイミングで先兵隊(もとい、勝手に走り出した氏)
から電話かかってきて「サカスに見つけました!」と、
え、「赤坂迄走ったんかい?」と聞いたら
「間違えました、Mid-Townです」
だよね、日常生活圏内じゃないから、ヒルズ、Mid-Town、サカス、ごちゃごちゃになるよね

コレドは茅場町とか八丁堀とか近くまで行ってるけどまだ行ってない
虎の門ヒルズだって、まだ行ったことない
虎の門の交差点からどっち方向?か、知らない・・・雰囲気海側?

ほぉほぉ、Mid-Townは後生三回くらいしか行ったことないぞ・・・
Guestと徒歩で坂を登ってMid-Townに移動、Shoping Mall街に入り、「どこだ!」と電話
「Rizです」
はぁ、時間ツナギにRizかよぉ、、、
見渡す限りShiping Mallからホテルに上がるエレベータは無い
多くの場合、別の入り口ですよね
「地上に降りよう」・・・まぁ、Guestは30歳代にて、連れまわしても体力あるから。
無事合流・・・優雅にOne Shot Enjoyしました
良い眺めだねぇ
 
※ここに来るんだったらMariott Rewardsのカード
   持ってくりゃ良かった、、、ポイント貯まったのにね^^


11.jpg
 
朝まで飲んじゃった・・。・・
Guestは午前1時頃、六本木からタクシーで銀座へ戻った。
残った野郎三人、もう終電はNothing、
自分;麻布十番へ歩く
A氏;赤坂に行く
B氏;タクシーで帰る(B氏だけ、数千円で帰れる場所に居住)
ってことで、散会

Mid-Townを出て、次にGi-Ropponで、どんな飲み屋に行ったかは、can not discloseです。

単独、アマンド方向へ坂を下り始めて、路地発見
・・・カウンターがあってマスターが居る店を発券、たぶん大丈夫

武骨にも「始発迄居てもいいですか?」
「いいよ」・・・ってドラマHeroじゃないんだけど、そんな感じ
あ、あれは、「あるよ」だった
一応五枚にて先に折合は着けました。
 
カウンターの端っこでシンミリ呑んでたら、赤坂に行ったA氏から電話、今から十番で合流していいっすか?
「ダメぇ~、俺、未だ六本木に居るから」
「どこですか?」
・・・場所、説明できないからマスターに携帯渡して説明してもらいました
まぁまぁ、そうこうしてる内に、始発動き出しました。
 
上の写真は、銀座駅、だと思います
日比谷線⇒丸の内線、いつも霞が関で乗り換えるか否か迷う。
霞が関は、丸の内線に乗り換えるには、千代田線のホームを端から端まで
歩かねばならぬパターンだったと思うから、たぶん銀座乗り換えで正解なんでしょう。
 
土曜の朝、東京メトロも閑散
 
 
 
12.jpg
首都高、大黒PA
たぶん10年振り?横浜に車で行ったの
取引先と石川町の駅で待ち合わせてたのですが、朝、自宅で業務メール処理してたら、
「もう間に合わん」時間となり、携帯Mapの渋滞情報みたら、都内ガラ好き・・・決定、車で行く。
夜、中華街で一杯・・・と、後ろ髪ひかれながらも取引先に、車で直接現地へ行くと告げました。
 
首都高中央環状線、大橋から湾岸まで開通したんです。
渋滞も無く、地下トンネルは快適でした。
圧巻は、中央環状から湾岸に合流ポイント。
ガァーっと上に登り、たぶん、地下五階から地上三階に上がる感じ?
で、地上で坂を上ってると羽田Landingアプローチの飛行機が目の前に見えて、
グッと90度右に曲がると左手に新幹線の車両基地が見え・・・
残念ながら、一人黙々運転中にて写真は取れず
私を乗せて大井の合流に連れてって♪、、、似たような唄ありましたかね?
 
13.jpg
@日比谷界隈
白いスプリングコートの女性のおみ足が・・・名前も顔もしらない方です
 
 
14.jpg
@帝国ホテルロビー
新規案件がらみで、米国からの知人と面会
以降、頼むよ、一名は30年来、もう一名(こちがボスですが)とは15年来の付き合い
 
 
 
15.jpg
上水沿いを散歩
 
 
16.jpg
自宅から徒歩圏内の居酒屋、ダイニングBarか?
 
 
17.jpg
某、大手居酒屋チェーンで一人酒
ここ、刺身二点盛等のメイン系と小鉢系を自由チョイスできて、大瓶でも生でもサワーでも一杯ついて1,000円
FCだから、固有のメニューできるんですね
店長も、板さんも、社員さんも、バイトさんも、ほぼ全員顔なじみ
午後遅い時間帯にWalking行くと、ここでイッパイひっかけてしまう
このPrivateボトル代込みでも、2,000円+α也
 
 
18.jpg
刀削麺@新宿
宴会続きで、どっかのChina Pubで小姉と携帯番をExchangeしたんでしょうね
突然電話かかってきて、「暇? 友達と刀削麺食べに行くからい来ないか?」
の、お誘い、、、昼飯どうすっかな、って、ちょうど考えてたとこだから「行く、で、どこ?」
ったら、小田急デパート前集合だと
え、新宿、一時間かかるけど良い?
OK了、だとさ
で、小田急の前で見つけられず、京王デパートと間違えてんだろうと、歩き出したら携帯が鳴った。
「どこ?」
「後面的!」
へ、あ、居た・・・暗い店で会っただけだから、晴天の新宿じゃワカンねーよね

で、その店はどこか知らないけど、着いて行ったら、西口有名カメラ店の and ワシントンの東のエリアにて
熟知はしてないけど、まったく土地勘が無い場所じゃない。
うん、この麺は美味かった。
場所は覚えた、もし新宿西口でランチTimeとなったら、もう一度行きたい。
 
お支払は・・・ま、ある程度覚悟はしてたし、金額も雑駁に暗算できたたけど
割り勘でした、端数切り分程度をチョイもっただけです
 
さて、こっから問題勃発
没問題であって欲しかったのですが
 
。。。つづいて、大久保の本場中国東北地方の家庭料理の店に行く、と
え、無理、無理、そもそも大きな胃袋じゃないし、すぐに食えないよ!

新宿から電車に乗る、と、言い出すから、待て待って、歩いて行こう、
今、聞いた話だと、そこまでは歩いて15分程度だと説得し、小姉も合点
途中、都庁を通るから、展望台無料だから行こう、と、時間稼ぎの反逆に出るも、
展望台へのエレベータが長蛇の列。。。GW中の日曜にて、諦めざる終えず、
そのまま新宿警察の前(横?)を通り、青梅街道を突っ切って、大久保Areaに突入
 
 
 
 
19.jpg
 
そして、出てきた料理、五品くらいOrderしてました。
その中で、自身の「初」は、コレ
お蚕様の串焼きでした。

豚の耳とか、モツ/ホルモン系はさほどハードルは高くないのですが、
これはヒトツ食べて降参しました。
 
おっしゃる通り、高タンパク は分かる
シルクの基も分かる
 
地球の人口が増えると(日本の少子化は別問題として) 、昆虫からタンパク質という
TV News/Progrumは何回か見てる。
 
そんな時代が来るかもしれない。
 
ご当地でご当地ものを食す、が、自身の主義と思ってたけど、甘かった。
ご当地の、特急品、一級品系ばかり食べてたのです。
 
ご当地の家庭料理系は、未体験かも
 
アメリカ南部で、ソールFoodと言われてるFried Green Tmato、フライド・オクラ、ハードル低い
 
HKでピ◎ョンHead、これも結構ハードル高かったけど、高級食材らしい。
 
米国で、どうにか乗り越えたご当地料理は、Just ガンボです。
前出のA氏、全く食べられませんでした。
自分、ポリシーで完食しました@エルビスの聖地
 
まぁ、日本に居ながらも、本当の本場モノが味わえるSpotを習得できたから、これはこれで良い
北京よりも北方面からGuestが来て、本場の家庭料理が食べたい、と、いわれても対応できるRoomができた。
 
で、大久保では、Beerで誤魔化しました、先の刀削麺の店では呑みませんでした。
Beerを注文の際、無理クリな中国語ですが、「燕京麦酒はあるかい?」と言ってみましたがメイヨーでした、
選択肢は青島ビーチョとASAHI Super Dryビーチョでした、ので、一瓶づつOrderしました。
 
 
21.jpg
@30年以上の付き合いのマスターの店
マスターは、自分より2~3歳先輩にて(学校とかの先輩・後輩ではなく)
単に、歳の差です。
20年程、ご無沙汰してたけど、ひょんなキッカケで、再見し再来するようになりました。
今や、この店も、30年前のマスターも自身も若かりし頃を知る人は少ないようで、
行くと、いつもBeer奢れ、と、タカラレますが、まぁ、ご愛嬌ですよ、
他の客の前で、マスターもいいカッコシタイダケっしょ
勘定すると、Beer、マスターの呑み分含めると五本は超えてるはずだけど、
三本分くらいしか課金されてないしね
 
ま、同じ場所で35年程営業してるスナックだから、減額された二本分が
他のお客さんに回ることはないと信じてるよ、ね、マスター、
たまに 清水健太郎さんって呼んでも、理解してくれんもんね
 
22.jpg
久しぶりに、香港の知人が来日して頂戴した土産
GODIVAの香港バージョン
 
う~ん、HKGは何回か、何回も行ってるけど、これは見たことないぞ・・・
そもそも土産を買う、という習慣・慣習は、とっくの昔に無くなってるから
自分が気づいてないだけなのか、最近登場したのか、不明です
 
多分、九龍New Worldから香港Island側を眺めたイラストなんだろね。
なぜ、スラ~っと美脚の小姉が、そこに立ってるの?
比率的に、およそ九頭身ですよ
真ん中の船は、スター・フェリーのイメージなのかなぁ?
 
ベルギーでGODIVAの工場見た。
GODIVAは縁深く、結構食べてる
HKバージョンを食べてみたけど、味はジャァーダとは感じなかった
 
HK/HKG限定のプレミア版は、No doubtと思います
 
 
23.jpg
@小金井公園
 
近所もイマイチな感じにて、十数Km離れており、かつ、やや地縁もある小金井公園迄
車で行って、公園内を10km程度Walkingしてきました
 
ここにUpしたのは、ごく一部にて、主に「宴会・呑み系」ですが、Public Disclosureできない、しない、したくない写真はUpしてません。
 
呑んべぇ家系のようで、γ-GTP、血糖値、尿酸値、といった主にアルコール過剰摂取系の体調異変は、今のところありません。
自分でも、自分が依存症ではないか、と、不安に思う時があるので、月曜から今日(日曜)迄、断酒してみましたが、何も変化もありません、γ-GTPは、今測定すれば極端に低いかも知れません。
 

但し、宴会、最近の宴会の一次会は、「呑みほー」が、ほぼ普遍的と思います、そして、節操なく呑んでしまう、先のイタリアンレストランの宴会も呑みほーにて、ワインを浴びました、キャビネ中心のブレンドで悪酔いにはなりませんでした(呑みほーのワインは自分は悪酔いするモノと出くわすCaseが多々、でもイタリアンレストランのワインは美味かった)、が、呑みほー≒元とらにゃ、で、ガブ呑みして、一次会の宴会後、30分~2時間程度、その間皆と一緒に二次会の場所に行ってる呑み続けてるけど、二次会について翌日全く記憶が無く、一方で三次会のことは(たぶん復活して)良く覚えてるということが多いのは、加齢によるものか、呑みほーで大人げない呑み方するからか。。。解は未だ不明です
 
ストレスReleasingの相棒として、上手く付き合えてるようです。
 
毎度、長々と読破して下さった方には、拍手か欧米的に握手を送らせて頂きます。
 
次回更新は、真夏のPeak頃か、秋かと思います。
 
では、また
 
 

nice!(18)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ほぼ「オール1」 [旅行・マイレージ・ポイント]

狙ってみました、最前列の席を

自分が子供の頃、通知表の
1 ⇒ 煙突が立つ
2 ⇒ アヒルが泳いでる
なんて言ってましたが、今でもそんな風に言うのでしょうか?
それとも、時代・地域的に限定的な俗称だったのでしょうか?

先回、最前列の「座席番号 列1」を狙ってみました。

 

搭乗券R1.JPG
 
8-Flight中、手元に残っていたのは5枚。
(3枚は、無くした、捨てた、いずれ部屋のどこかから出てくる・・・の、いずれかでしょう)
記録では5-Flight、記憶では6-Flifhtで最前列でした。
何が面白いかって、移動手段ではあるけれど、何かテーマ性を見つけてみようと思い、最前列に拘ってみただけですw
 一本目の羽田 to LAが最前列取れたので、それがきっかけでした (スキャン下から2枚目)
 
1週間で8-Flight, 搭乗時間計 約40時間、空港での待ち時間・乗り継ぎ時間計 約20時間・・・書くにも同様なことは経験してますが、現地の天候が曇り・雨・雪で時差ボケ治らず(とにかく太陽を浴びないと、時差ボケリセットできない人なんです)、で、日本に戻ってから1週間、曇り・雨(小雪)が続き、ボケっぱなしで腰が痛いのも直らず・・・寄る年波には逆らえんのだろね・・・来月、2~3カ所、たぶん2週間程度の旅程の予定にて、1週間超だと、週末挟むから身体的には楽ですね。
 
 
 食事 and 旅行記 編
 
 
CIMG2238.JPG
 朝飯@ATLラウンジ
 
 
CIMG2239.JPG
 
Frenchフライは、重すぎて、オニオンフライにしたけれど
・・・やっぱ重くて1個しか食わなかった。
到着早々、ホテルにC-Inしてシャワーして当地の方とPower Lunch
one-on-one で、根回し大成功でした^
初めて会う方でしたので、分かりやすい場所で待ち合わせ・・・ちょい道を間違えてUターンしたけど12時きっかりに着きました。 氏は自身のことを20年前から名前は知ってる、自分も氏のことは20年前から名前は知ってる、、、でも、今回「ひょん」な業務のつながりで接点を持ち、「本番前に挨拶がてら飯でも」、、、とお誘い頂きました。
 「OFYさん、20年も来てるから、どこでも知ってますよね?」
「え、ええ、 まぁ」
「じゃ、最近できたBarスタイルのバーガー行きましょう」
「どこですか?」
「◎◎モールの中、入って正面のところ」
「え、そこメキシカンじゃなかったですか?」
「昨年変わったんですよ」
「ダウンタウン抜けるか、環状線で行くかどっちがいいでしょ?」
「環状線で行きましょう、空港戻る感じになっちゃいますけど」
「了解、自分、ダウンタウンの運転、あまり好きではないので」
本当、メキシカンレストランがBargerレストランに変わってました。
中央にBarカウンターがあって、到着日の夜、サクっと軽く食事したい時の良さそうです
 
 
 
 
 ここから夕食です。
CIMG2240.JPG
 地ビール
 
 
 
CIMG2248.JPG
ホタテ
(翌晩は、ステーキHouse確定にて、Sea Foodsからチョイス)
 
 
CIMG2245.JPG
I am allway a hangover!  
そうでもないか、月に1回くらいね
 
 
 
CIMG2252.JPG
 
時差ボケ防止のキツケ薬・・・今回は効かなかった
実は、羽田で買った「焼酎」、LAに着いてBaggage Claimで預け入れ荷物に入れるのですが、入国審査の際「酒呑んでるか?」とOfficerに聞かれ、「No、6時間くらい前に呑んで、その後機内で爆睡してた」と述べたのですが、確かに酒臭い・・・あ、、、Carry-on荷物にぶら下げてた瓶が割れてVynal Bag内に液体が・・・Officerが自分が焦ってるのに気づき、優しく「あっちにごみ箱あるから、そこに捨てな」と、、、Officer から優しい言葉が・・・彼もきっと酒呑みでしょう、自分の「オーマイガ」の顔に気付いてくれたようです。
 
CIMG2228.JPG
@LAX 国際線到着から米国内線乗継で、一旦外に出た時の写真
この袋の中に焼酎が入ってたのですが、たぶん降機してImmigration迄歩いてる際、エスカレータの角にでもぶつけたのでしょう。。。先の記事のよう、目覚めたのが着陸寸前でしたので、寝ぼけたままあるいてた自信あります。
 割れた瓶は捨ててきたけど、袋はそのままぶら下げてました。
やはり、袋も酒臭く、このままでは国内線のSecurity Checkで面倒だよね、と、ようやく正気に戻って、袋をごみ箱へ。
何回も同じことですが、このBagは1997年に米国で$70で購入したサムソナイト。
一旦引退させて殿堂入りさせようと思いましたが、なんだかこいつをゴロゴロしてないと落ち着かず、現役復活してもらい、いつも一緒に搭乗してる相棒です。
もしも、Coreが抜けたら、もう使えないけど、まだまだ行けそうです。
年間10万マイルx14年=140万マイル 
+国内で少々
長い付き合いだ、自分が本当の現役引退するまでこのBagにも頑張って欲しい!
 
 
 
CIMG2253.JPG
 
時差ボケで良く眠れず、そして空腹感を感じてきたので朝6時頃朝食、、、いつものFullコース
オムレツは、Oninon、Spinachi、Tomato、Mashroom and cheeseです。
 
そして、この後、なんと1時間程Bedでウトウトしてました。
Officeに出かける荷物を整え、着てくものをそろえて、and then 目覚ましをホテル出発の10分前にセットしてましたのでセーフ、No遅刻でした。
 
 
CIMG2254.JPG
昼食は、こんなカントリー調のレストラン
 
 
 
CIMG2256.JPG
全く空腹感がなく、むしろOfficeで寝てたい、と、言いたい気持ちでしたが、それすると皆が心配するので、兎に角一緒に行って、飲み物だけもなんだからスープを頼みました。
こんな体調の時は、これが暖かくて癒される~^^
 
CIMG2259.JPG
 
これシュリンプ?
これ、カクテル?
これも何回か登場してますが、このSteakハウスのサイズはこれです。
カラマリ(大将のとこでは、ゲソ揚げと言います)もありましたが、写真はありませんでした。
「青色LED」を、皆が食べ終わった後に掘り起こして日本のNovel Awardの話題へと無茶振りしました。
RGBそろったから、白ができ、Full-Colorが可能とななり、素晴らしいですよね!
 
CIMG2261.JPG
体調的にはキツかったけど、ここに来たらPrimb Ribを食べるのが習慣w
12oz・・・食べきれませんでした。。。Box pleaseでした。
でも、旨かった!
雑誌などで、全米Top10に良く入るSteak Houseです。
 
 
CIMG2262.JPG
Myマドンナ、オムレツおばちゃんの後ろ姿
このおばちゃんとも10年の付き合いになるね
 
 
 
CIMG2265.JPG
 
パブロフの犬のように、同じものを同じように
・・・進歩が無い?
いや、変わるべきものは変わるで、変わる必然性の無いものは as it is, Let it be, Let it go
 
 
 
 
CIMG2267.JPG
 
たぶんアトランタ、あ、この時晴れてたんだ!
いつもお世話になってるDlことデルタ航空、たまには宣伝しよう!
長く付き合うと、味のあるAir-ぃねですよ。
 
・・・もし、UAがステータスくれれば出戻りたい気持ちもあるのですが・・・
DLがSky Markの再建に手を出すという下馬評もありましたが、手を出しませんね。
Sky Teamよ、日系をどっか取り組んでほしい・・・アジアに行く時はNHになってしまうんだよ!
中国系、Korean-Air(そいうえば、ナッツ姫はどうしたんだろ?Newsでみませんね)、Vetnum等々でアジアネットワークは終わりか?
個人的には、JLか、羽田発着枠狙いのUnder-Mindeで良いからSky Mark取り込んで欲しい!
 
数年前、DL-APG、DL-Japanの営業の方とお会いする機会が有り、羽田便使ってって確かに空いてるし乗継も悪くないから定番になりつつあります。
首都高、中央環状線も昨日全線開通し、自宅から羽田にバスで行くのは、現在渋滞なしで60分程度ですが、中央環状線使えば40分で着くはずで、2020年を見据えて戦略的に考えて!
 
Newsで米系Air-Lineの「羽田Hub構想」を見たことありましたが、各社未だNRT Hubから動く気配はないですね。
 成田のように23時から6時離着陸不可の制限も無いから、ダイヤのFlexibilityは広がるし、Delayしても同日中に飛ばせるからね。
 
現に、DL、UAの羽田・米国路線は、期待自体は羽田駐機1.5時間程で折り返してます。
国際線で、夏場満席の時もありましたが、機内清掃・機内食積み込みは問題なくできてます。
「新聞積んでくるの忘れました」なんてこともありましたが、それは笑い話の一つで安全上のConcernではないからね。
 
北京の南方に、世界①(アジア①?)の新空港ができるそうな。
インチョンも存在感有り。
一方、米系は、米国ーHKG直行便等、日本をHubとしないフライトが増えてる。
777なら、NY-HKG 直行するだけの燃料と燃費OKですからね・・・たぶん最長で燃料限界でしょう。
さすがに、NY-SGNは無理でしょうが、燃費改善により可能となるかもしれません。
超音速でないかぎり、17~20時間となりPassengerが耐えられないかも
 
ところで、搭乗券のスキャンですが、上から2枚目は、搭乗口で乗ろうとしたら、「ピッ」となって新たに「1A」の紙がでてきました、「1番あいたらお願い」って言ってみたら願をかなえてくれました・・・デルタさん、ありがとう
 
 
CIMG2273.JPG
 
ATL-SEA機内食
真昼の大陸横断の移動、数年振りです。
かなりゴージャスなBargerで満足。
チーズとワインも一級品です。
 
東西移動は、Red-Eyeが多いのですが、身体のこと考えると昼間移動ですね。
 
 
CIMG2285.JPG
 
ロッキー越えです。
太平洋側は晴れてましたが、内陸側は曇りでした。
 
 
CIMG2286.JPG
 
方位327度に向けて飛行してます。
ほぼ真北に向かってます。
CRJ-700(900?)でしたので、高度は5,000m程度、My Watchのセンサーもある程度は正しいと思います。
方位、高度、温度のトリプルセンサーにて、山登方だけでなく、旅人には使い勝手良いですよ。
 これ、電波時計ではないので、次は電波を狙ってます、ProTreckかG-ShockもトリプリセンサーVersionが出ましたので、アウトレットで狙います。
 
 
カナダ入国
今回は、空いてました。
行列ができてないLaneを目指して言ったら、一番奥のブースへ。
おっと、LadyのOfficerだよ!
って、ドキドキするまもなく「ボンジュール!」
きたぁ~フランス語だぁ、勘弁してくれぇ、と、心の叫びが聞こえたのか、JAPANのパスポートを出したら「こんにちは」、お、こりゃLucky お嬢様に日本語で歓待された!
 しかじかこれこれでカナダに来た、、、さっさとQ&Aは終わり、スタンプ押してくれて、「アメリカからの入国だけど、ベガスで勝ったの?」とOfficerから言われ、「え、いやいや俺はアトランタ方面から乗り継いで着ててベガスは売ってません。と条件を見せましょうか?」と、うかつにもムキニなてしまったら、姫様に笑い返され「カナダでの仕事がうまくいくようにGoodLuck」ときたもんだ・・・ありゃりゃ、Jokeを受け止める余裕がゼロでした、頭を掻く思いでなんだか恥ずかしい気持ちでした。
荷物もPickして税関を通り抜けたら、同じ区間をUAでフライトしてきたBusiness Agent氏は、30分前に着いてました。
UAもDLも、どちらもOn-Timeでした。
氏は、シカゴ1回乗継で、自分は2回乗り換えだからこっちの方がDelayリスクは高かったのですが。
このように、同行者が別別ルートで移動することは良くありますが、かりにどちらかが1時間以上のDelayだったら、勝手にホテル良いくという暗黙のルールを作ってます。
今回は、自分は車借りてないので氏がDelayならホテルのシャトル呼んでさっさと行くでしょうし、自分がDelayしたら氏がささとレンタでホテル、というルールです。
 
 
CIMG2294.JPG
 
夕食は中華。
運転手役を買って出てくれてる氏は、時々、
「OFYさん、何食いたいですか?」
「軽くでいいよ」
「じゃ、ステーキかバッファローWing行きましょう」
「だったら、聞くなよ」って突っ込んで欲しいユニークなキャラッです。
が、この日は、自身が調子良くないのを察してくれたようで、
「スパゲッティみたいなのか、ラーメンか、和食か軽め」
とお願いしたら、氏の携帯でググってくれて、数マイル先に中華があるとのことで意見が一致。
中国の方経営にて、(四川出身でした)美味かったです。
薬膳なんでしょうか、麻婆豆腐の花山椒、香采、八角が胃腸を整えてくれたようです。
 
 
CIMG2297.JPG
 
Work Deskは十分大きいです。
 
 
 
CIMG2296.JPG
 
縦も横も2m以上あるドデカBedで就寝
 
 
 
CIMG2298.JPG
場所は変われど、どこでも同じようなものを食す。
ここは、オムレツ等のOrderはありませんでした。
 
尚、やはり朝5時に目が覚めてしまい、6時からバッフェへ。
そこで事件発生、この旅「初?」
 
レストランの入り口でバウチャーを出して入ったのですが、食べ終えることチェックが来た、何だこれはとみたら$15のチェック、、、「さっき別の人にバウチャー渡したんだけど云々」、で、チェックは下げられました。
皆さん、W-Chargeされないように気を付けて下さいね
 
 
 
CIMG2300.JPG
 
昼は、訪問先のOffcieでCateringのサンドイッチ
こういうのさっぱりしてて好き
ピクルスは口直しに良い良いのだ、和食の漬物と同じ感覚w
 
 
CIMG2303.JPG
 
エスニック系ですね。
サーモンBowlとかメニューには書いてあった。
あたり、場所的にアラスカサーモンとかが流通してるし、ここのサーモンは一級品でした。
Steam Riceとの最少も悪くない・・・もし照り焼きのタレとかかかってたら勘違いの和食系ですが、シンプルな塩味Baseでご飯によく合いました。
 
 
翌日の朝食@ホテル、昼食@訪問先は写真無しです。
調子が悪かったのか、業務に集中してたのか、記憶は定かではありません。
 
 
最終日の夜、訪問先の方を誘って和食へ
日本人がやっているであろうレストランを目指していきましたが、かなり創作系でしたw
 
 
CIMG2304.JPG
なんだっけなぁ、何の天ぷらだったかなぁ・・・美味かった記憶
 
 
CIMG2305.JPG
お決まりのRollは注文しないとね
このワサビの盛り方で、シェフが日本の方か否か、だいたい見当つきます、かね?w
 
 
CIMG2306.JPG
寿司盛り・・・単品で選ぶのも面倒にて、おまかせ10貫
太平洋が近いから、ネタは極上系でした。
 
 
〆の日式ラーメンは・・・やられました、勘違い系でした。
それはそれとして、総合評価は「合格」」
 
 
 
CIMG2308.JPG
さあ、羽田に向かって帰ります。
BRITTLEというの美味しかった、Hadson Newsあたりで売ってそうだから今度要チェック
 
ここでハプニング。
カナダから米国乗継の場合、カナダでアメリカ入国手続きをしなければならないことは、以前の記事に書いた通りです。
念のため、2時間前に行きましたが、米国入国ブースはガラガラでした。
ところが、自分のパスポートがスキャンできない。
ドキドキした顔してたら、「このPC調子悪いんだ、Rebootするから待ってて、時間大丈夫でしょ」
「Yes、二時間あるからゆっくりどうぞ」
この一言が余計だったかもしれrない。
Duty Freeで買い物したいから急いでる、とかなんとか言えばよかったかもしれない。
再起動しても読めず、「もう一回Rebootしても良い?」
「Yes Sir!」
でも、だめ、Officerがブースから出てきて、他のブースにアテンドされ、そしたら一発でOK
どうやら、当該PC or スキャナの不具合を確認するエジキになってしまったようです。
まあね、米国の入出国履歴はMany Manyだから、悪態等絶対つきたくありませんからね。
次のOfficerからは、オハヨウゴザイマスの歓待
次のOfficerからは、一連の手続きが完了後に、「You are welcome」って日本語で何と言うのか?との質問、「ドウイタシマシテ」を3回連呼して、Officerも頑張って発音してるけど、それじゃ日本人い通じないと思う、もう少し頑張ってと捨て台詞にならない程度に留めました。
きっと、日本人の入国手続きが終わると、Thank youという日本人は多いでしょうから、「ドウイタシマシテ」と返したいんでしょうね、その気持ちは良く分かるし、日本人としてありがたいかぎりです。
 
 尚、自分はどちらかというとイジル系のキャラで、イジラレル系ではないと思ってるのですが、何でOfficerとは、よくこういう場面に遭遇するんだろう、、、でも、それを想定してJoke Modeで入国審査を通過するほどの根性はないですね、基本的に「凛」として通過したいと思ってますので。
 
CIMG2317.JPG
 
Emilates@SEA
 
まさか、ここからドバイ迄は飛べないよね・・・HND or NRT経由?
ぱっと見、AFの機体かと思いました。
 
 
 
CIMG2328.JPG
さて、SEA-HNDに搭乗しました。
実は、米国からの復路に羽田便を使うのは初めてです。
欧州からは、羽田戻りを使ったことが有ります。
 
Riskyなのは、定刻通り22:30に到着すれば問題ないのですが、もし1時間遅れで最終電車ギリギリ、それ以上遅れたら始発まで数時間羽田で待たなければならないのです。
事前に、羽田に24時間営業している「居酒屋」が国際線ターミナル内にあることは確認済みです。
今回、しばらく運休してたSEA-HNDの運航が再開されたばかりで、ガラガラでしたのでTryする決心。
 結果、定刻より早く着きました。
羽田の問題は、Baggage Claimのレーンが少ないようで、身体はレーンいついても、未だ前のフライトの荷物が流れてて、搭乗してきたDLの荷物が流れてくるのに数分・・・成田は身体到着と同時に流れ始めてます。
以前、夏の繁忙期に羽田に到着した際は、◎◎航空のHNL便の荷物が流れてて、ちょっとイラっとしたっけw
 
 
CIMG2331.JPG
 
 
CIMG2334.JPG
 
西海岸/SEA便にて和食をチョイス
 
 
CIMG2339.JPG
 
 
 
CIMG2340.JPG
和食のデザートに、チーズとワイン
いつものことです
だって、ワインが美味しんだからw
エスニックな人ですかね?
だから、Offcierが良く遊んでくれるんですかね。
 
 
 
CIMG2344.JPG
日本時間20時頃にてBeerを頂きました。
しかし、この食事は大外れでした。
Noodleにしときゃよかった、ガックシ
 
チーズだけ、無理行ってもらいましたw
 
 
 
CIMG2320.JPG
 
767-300です
コンパクトながらFull-Flatで2m以上ありますので、快適です。
 
 
CIMG2280.JPG
 
 
会社員を卒業して、フリーランスみたいな形態ですが、そろそろ一旦完全引退、とも思うのですが、未だ早いか・・・
今取り組んでる仕事、ほぼ形になりそうだし、そうなれば、もうひとつ取り組みたいことがある。
今年は、順調に行けば長期滞在が北米で数回、欧州で1回くらいありそうです。
そうして、次から次へと目標がでてくるんだろうね、今までもそうだったし、特段な体力の衰えも感じない。
 
今週は、フリーランスになってから、また企業勤務の名刺を持った先輩と面会の予定です。
面白い話が転がり込んでくるのか、手を貸してくれ系か、想像できず。。。
 
 この週末、土曜・日曜の両日雨にて、Walkingも行かず、自宅でPCでいろいろとデータ整理したり、読書したり、のんびりと過ごしてました。
と、いうことで、一週間分を①記事に書いてみたら、長編となりました
読破、お疲れ様でした、ありがとうございますw
 
 
 

nice!(21)  コメント(23)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2015年 1回目 [旅行・マイレージ・ポイント]

羽田行のバス停で待ってると、ご婦人がやってきて「ここは羽田行にバス停ですか?」と、尋ねられ、「はい。そうです」と答えたら、次の質問がよく意図がくみとれず、(結構自信持ってましたが)日本語を母国語としないアジアに方だろうと思い、英語で聞きたいことをおっしゃって下さい、と言ったら、ご婦人の質問は、このバスは予約が必要なのか?そしてどうやって切符を買うのか?という質問でした。

このバスは、予約は不要だし、料金は乗る際に運転手の方に払えばよい、と、お伝えし、安心した顔なさってるように感じました。

きっちりオモテナシのココロで説明できました。

今、2020年東京オリンピックの通訳ボランティアに登録するか否か、迷い中

確かに、様々な公共交通機関に予約とか切符の買い方とか、難しいですよね・・・新幹線とか英語のWeb等各国語対応されつつありますが、意外と身近で近距離の移動の詳細、海外からのGuestには分かり辛いかと思う時も多々あります。

自分がパリのメトロの券売機の前で「どれを、どうやって買うんだ?(尚、旅行ガイドブックは一切目を通してませんでした)と、オドオドしてたら、後ろの若いイケメンさんが「今日、何回のる?なら回数券のほうが安いよ」って教えてくれた自分のクレジットカードを券売機に通したら認識されず、後ろからイケメンさんが自分のカードを券売機に通してチケットGet・・・「あの、20ユーロ、現金で払いますね」っていったら、「いいよ、いいよ、旅人に優しくするのがおれのスタイルだ」Ohhh,超かっこいい、so much coolなんて思ってたら、兄さんさっさとチケット買ってメトロに乗ってちゃいました。。。あぁ、名前と携帯番号かメールでも聞ときゃよかった・・・Enjoy Parisなんて言われてしまって、その兄さんにメロメロになりそうでした。。。これがパリジェンヌだったら、走って追いかけて携帯電話番号をGetしてきた、かも^^;

CIMG2188.JPG


羽田空港ターミナル、増築してた部分が完成したようです。
「はねだ日本橋」
ひらがなと感じの使い分けが。。。かっこいいね

CIMG2190.JPG

空港に着くと、次ぐにターミナルに入っちゃうせっかちですが、
初めて「国際線」の表示が目に入りましたw

CIMG2191.JPG

これが はねだ日本橋
出国前のエリアなので、だれでも見に行けますよ

I have one finding

成田空港は、電車であれ、高速道経由であれ、必ずパスポート等の身分証明賞書を提示するチェックポイントがありますが、羽田空港は、そのようなチェックポイントないですね。

CIMG2192.JPG
羽田空港、国際線チェックインArea
混んでるよな、と思って、Security Checkに行って気づいた
卒業旅行のシーズンに入ってんだね・・・若者が多い!
是非、異国でいろんなr体験してきてください
外から見た日本の良さも気づいてね
君たちが、若人よ、私たちの年金を担って下さるのだから
自身も、もう30年以上前だけど卒業旅行でNY行ったw
無論、単独行動^
CIMG2197.JPG
羽田空港、国際船ターミナル、TIAT OperationのラウンジAnnex
がらがらでした。
CIMG2198.JPG
Beer, Camu VSOP、イモ焼酎黄金一貫、頂きました
CIMG2199.JPG
CIMG2200.JPG
CIMG2201.JPG
CIMG2202.JPG
 一杯目、お決まりのBeer
CIMG2203.JPG
ブランデーなんぞ、飲んでみた
テレビで見たのですが、羽田空港は,世界一綺麗な空港Awardを二年連続で獲得してるそうです。
もし、機会があれば、たぶん気づくと思います、本当に床はピカピカ、トイレはきれい、よく磨き上げられてます。
尚、TIATのラウンジのお姉さん、綺麗です・・・個人の感想です。
今回、復路も羽田着にしたので、「空港の案内図の冊子ありますか?」と聞いたら、お姉さん(どうみても20歳代前半)が席まで冊子を持ってきてくれました^V^
あ、成田から浮気してるわけじゃないですよ、あっちは長ーい付き合いのHome Ground空港だし。
行先、時間帯で、合理的に決める主義ですw
CIMG2210.JPG
@羽田、機内
これ、当たり前と思われる方も多いでしょうが、海外でGround Staffの方がGate離れるまで見送ってくれるって見る機会は少ないです。。。これが日本人のオモテナシSpilitじゃい!w
CIMG2215.JPG
お、お~、今日のメニューにBeefが無い!
和食、チキン、ヌードルからのチョイス
チーフパーサーさんが、メニュー持ってきて、たどたどしい日本語で、本日のメニューです、と
よくメニュー見ないで、Beef無いからチキンにしたら、カツでした。
アメリカには無い、チキンカツですね
ま、ま、美味しかった。
ワインリストみたら、案の定2014年ののリストとは異なり一新されており、シャトーDuなんちゃらを頼みました
 
CIMG2219.JPG
追い風、約300km/h
時速 1,169km/h
早く到着しそうです。
このフライト、パーサーが片言日本語で私に話しかけ、私が英語で答えてたのが、日本人Attendantに受けてるのに気づき(反対側の通路の日本人アテンダント)。トイレの帰りにギャレーのぞいたら、チーフパーサーの叔母様から「英語教えてあげるから、日本語で答えて」って、不支持なる要請・・・Witnessed by 日本人アテンダントの方
食事も終わり。彼女らも一段落の時間にて、Mix Languageで雑もろもろしてきました。
キャプテンが操縦室から出てくるから、席に戻って、の一言で、ラジャ、でも寝るからバーボンストレートで頂戴ってお願いしたら、なんと50mlのバーボンを3本グラスに注いでくれた
。。。この先。想像できます?
あは、は、は、爆睡です。
目bが覚めたら、Landing Preparationでした。
チーフイパーサのおばさんに「朝飯、食ってない!」って申し出るも、もう高度3,000m迄さがってる、この一言で、こりゃ無理だと悟る。
CIMG2220.JPG
サンシェードあげたら、地上まで、もう数百メートルの高度でした
たぶん、5~6時間、爆睡してまいた。
【重要なお知らせ】
デルタ航空では、アメリカ国内であれば、離着陸時に携帯電話を機内モードにしておけば、音楽聞いたり、写真撮ったりするのは問題ありません・・・一昨年あたりから。
ただし、たとえデルタ航空のフライトであっても、日本での離着陸時は、携帯電話含めすべての電子機器の電源はOFFが規則です。
でもねあ、羽田を夜、今回もそうでしたが、北に向けて離陸して、180度旋回して右手に川崎。横浜、三浦半島、館山突端を飛ぶのは、本当綺麗ですよw
今、LAXラウンジです。
あろ2時間程したら、二本目のRed-Eye Frightで米国東に向かいます。
今日は、いつもの便がOver-Bookingにて、LAX発最終便になりました。
自分のポリシーとして、「最終便は乗らない」主義(何かあった時に、もう一本後の便があると精神的な余裕がかなり大きいです)が、ま。当地月曜は、会食が仕事にて、US ESTで夕方に着きゃよいから、もしもトラブルがあっても、Re-routing等、どうにかなるさ
と、いうことで、2015年1回目のフライトの1本目を終えたとこです。
尚、LAは気温二桁にて、ダウンジャケットが邪魔だーいぃ
が、北米の北、最低っ気温マイナス20度の地域に今週後半行きますので、ダウンコートは必須です。
じゃ、そろそろ次のフライト搭乗準備します。
CIMG2232.JPG
LAXラウンジで飲んだのは、ミラーLight2杯、赤ワイン3杯
つまみ、スナック各種w
じゃ、また、よろしく、ね

nice!(19)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

緊急着陸・・・ある意味貴重な体験的フライト [旅行・マイレージ・ポイント]

Sky Team, Star Alliance と One-Word 全部足し算すると累計フライトMile数は、100万マイル、だいぶ前に超えました。

緊急着陸は何回か体験してますが・・・幸い未だに緊急脱出に至ったことはありません。
消防車が滑走を脇に待機してたこともありました。。。1回だけ
今回は、窓際でなかったのと夜間にて、消防車が待機してたかは不明です

米国→成田の空路の途上、アラスカ/アンカレッジあたりから米国西海岸に戻って緊急着陸のアナウンス from Captainは、ちょっと緊張しましたよ。。。

業務にて、やや手詰まり感であることを伝えに渡米となりました。。。メールor電話で済ませばそれで良いんだけど、心情的に、そりゃないだろ、で、やはりFace-to-Faceの選択をしました。
現地滞在30数時間のとんぼ返りで、伝えることを伝えたら・・・あれれ相手先から別の展開が提案されて活路は閉ざされませんでした。。。as of now, still strugglingの途上ですけどね

超・圧縮日程がそもそも悪かったのか、こんな時に限ってHappning Happenで復路はDoor-to-Doorで通常20時間前後のfrom my familier palce to back to JPN/TYPのところ約48時間かかる結果となりました・・・

通算3回目の羽田からの深夜便
国際線ターミナルが拡大されたとのことで展望デッキに登ってみました。
ターミナル拡大のワリにはGateに着いてない機体が結構ありましたね。

写真HND.JPG

 

東京の西地域に居る者にとっては、やっぱり成田に比べると羽田は近いです!

そして、成田発のアメリカ便は午後発ですが、羽田からだと夜/深夜発着にて、(今更ですが、日本を離れる)郷愁の感に浸れるのがイイネw

 

CIMG2052.JPG

この春迄、羽田発の便は、By Busでタラップをトコトコ登ってましたが、今回はちゃんとGate付けでした。
定刻を過ぎても未だ飛びません、機内から隣のGateの同じDL機を撮影してたら、
あちらが先にGateを離れていきました。
う~ん、自分が搭乗してるLAX便が20分早く出発の予定だったのですが・・・

 

(改めまして)羽田深夜便はTaxing時の滑走路のライト、そして離陸してからの東京・京浜・京葉の夜景が楽しめるのが良いですよw
この日は、南に向かって飛び立ったようで、京浜工業地帯の明かりが見え、陸の線を眺めてたら三浦半島が地図と同じ形で見えました(あたり前ですねw)
そして一瞬暗くなり、その後一瞬陸に光が見えたのは館山上空ですね、そしてそのまま太平洋の漆黒の闇へ

 

CIMG2053.JPG
 
夕食(夜食)
羽田深夜便は、Deli-Plateが好きだったんですが、Menuから消えてました。
外れの無いBeefをChoice
もうちょっと・・・ゆっくりワインを飲み続けたかったのですが、機内の照明が消え、
さっさと寝なさいの雰囲気にて就寝
 
 
CIMG2064.JPG
 
DOUGE Avenger

定刻通り最終目的地に到着
久々のレンタカーw
ハンドル・・・アメ車特有・・・遊びが数cm・・・良くあるパターン(個人の感想です)
3万マイル≒ (3x1.6km) 程走ってるレンタにて、そんなもんでしょ
ここで、大切なことは・・・おこがましいですけど、車の特性は1km程度運転する以内に掴んでFeelingに植え付けましょ・・・ってか、体感値ですね、レンタカーとて運転者の意志とDrivingが一体にならないとね
 
 
CIMG2078.JPG
いつもの朝食です
最近、トーストからベーグルに変化してますw

 
会食@米国でのDinner・・・Primribをいつも通り食べました^^;
 
 
さて、さっさと復路 to 日本・・・
 
 
CIMG2085.JPG
 
さて、このNaviの写真で「あれ?」と思う方は?

!!!

答え:太平洋を西から東へ飛んできた(実線部分)が、逆向きの東(破線部分)
に進行方向を変えたんです!
 
機長からのアナウンスが突然入り、「燃料計器の故障云々・・・2.5時間かけてSeatleに向かい着陸する」
・・・はて、今何処?と思ってNavi画面を着けたらもうすぐアンカレッジの南を通過するあたりでした。
2.5時間?
 あと5時間くらい頑張れば成田着きます。
安全第一とアナウンスしてた、そりゃそうですよね・・・
・・・そうこう考えてたら、突然機長(上着の肩に4本線)が座席の横に来て
「何かご質問は?」
・・・言葉が出ず・・・
 
 あ、不動心は持ち合わせてないので
持ってるのは、ポーカーFace迄ですw
 
Captainが来てから、そして「え~、ん~、、、どういうこと?」
ってなCaptainが自席から立ち去って数分後、日本語のアナウンスで燃料景気(ちゃう、計器)トラブル云々
 
半分寝かかてる時、言語Mode・・・やっぱ日本語じゃい!
 
10年以上前、日本への復路でDoorクローズの後、Air-Conditioner trouble云々で降機の際
出口のDoorにCaptainが居らっしゃったので、、、
降機直前、「あのぉ月曜日にCritical会議があるから、このフライトで日本に帰国しねばならない・・」
って、申し述べてみたら、キャプテンから
「me either・・・成田から更に西へのアジアFrightがmy ターンなんだよ、それが
ダメだったら、Crewと機体のRe-arrengimentの修復に1週間かかるんだよ」
・・・以上、That’s allで握手してGood Luck to eitherみたいなこと言って
降機してもらったMealバウチャーで食事して数時間、空港で過ごし、再搭乗のアナウンスが流れた
 

さて、今回の復路は・・・ATL to NRTのフライトがアラスカあたり迄飛んで、
計器故障で米国本土側へ引き返して、SEAに緊急着陸となりました
 
おいおい、最近カナダに縁が出来つつあり寄るようになったSEAだよね
HND to LAX or HND to SEAのSEAだよね・・・

米国西海岸の空港、乗継含め良く利用するはSFO and LAX、最近SEAです
 
話は 元に戻って、SEAに着陸・・・機内アナウンス・・・「各自の毛布を持って降機して下さい」
あぁ~、こりゃ長くかかるんだね・・・降機はLocal Time20時頃 @PDT
 
降りたら、Gateのアナウンスで、英語のアナウンスに自分は反応ゼロ、で、少しして自分の名前が日本語で呼ばれて、、、ラウンジで待っててください 。。。あ、聞き取れました、日本語でしたので
 
そして、Local Time 23時頃、@ラウンジで明日の11amに飛びますのアナウンス
ってことで、ラウンジで一夜を過ごしました。
そして、Local Timeで朝5時頃、メールにアクセスしたら・・・JST18時頃、TickettingしたTravel Agentから、$250程度までホテル代はAir-Line負担で話しつけたとか・・・このメールに気づいたのが遅すぎました 、そして、自分も頭が真っ白的で、毛布持って降機で「どうすっか?」的な思考回路のスイッチが入りませんでした。。。呆然と一夜を空港内で過ごしますした・・・詳しくは、書くだけの文章能力がありません↓↓↓・・・書くと超長くなります
 
ここまで生きてきた、無事故で航空機搭乗も、自身で運転もね
 
 
話し、変わります
トアル夏、
 
 
写真NRT.JPG
 
 
 
 
 なんだろう、自分、成田に迎えに行くことになりました。。。滅多とない、いつだろう、自分が出国・入国以外で成田に行ったのは。。。ちょっと早かった、思ったより都内・首都高が混んでなかった・・・こんな時は自身が出国するがごとく酒々井PAで時間調整なんだよね・・・でも、やっぱり早く成田に着いちゃった・・・到着ロビー(なんか、背中がかゆいぞ、こんなふうに言うと)、そして・まして良く慣れていない第二Terminalだよ・・・第一、もっと言うと成田の原型ですよ、そっちに慣れてる(時代と共の変遷も含めてね、第二はアジア行でJL便を使う時しか縁が無い)
 
到着階に行ってみたら・・・表示板のStasutが、到着・降機中・通関中(何か変だよね)・到着済み(Arrived)・・・と、状況が変化してるのに、Signegeを見てて思った…日本らしい肌細やかな対応だよね
今度帰国したら、税関を通過して到着ロビーに着いたら、絶対に振り向いて上を見てみようと思った次第です。。。帰国した当人は、自身が搭乗してきたFright arrivsl status なんて、Don't careですもん、ね
 
日本以外の到着ロビーの表示/掲示版が、どうなてるか・・・知らない。。。特に日本にArrival、待ってる立場だと帰国 or 入国、本当に細やかに表示版に出てるんだね
 
ん、で、思い起こしてみた。。。自分が出国 or 入国で成田を使うのは、(成田入出国は、自分流儀でいつも通りのスタイルですけど)、人を迎えに成田に行ってみて思った・・。え、自分自身が入出国しないで成田に来たの、いつが前回だったかと、考えた、走馬灯を回した、、、
答え;
 ◎十年前に、自分も学生の頃、元・元・・・元カノがアメリカ留学の見送りにNRTに来た◎十年前以来だ・・・I am not sure how she would be doing now・・・ Since・・・
 
なんてね、最近成田から羽田拠点に変えつつある自分の中で、不思議なMindなんだよね・・・自分出入国の際、思い・想いが無いんだね、機械的に自動Gateでパスポートと指紋スキャンで出入国してると余計感慨が無いんだよね、ESTAあれば米国入国は(日本人基準でスイマセン)は、苦はないのだ、Japan Passportは俗に言うユルイで通る、もしくは、全無言でも入国でるんだよね・・・
 
いつかね、いつか何が起こるか分からない数千kmのフライトに頻繁に乗ってて、何もTrue危機に直面していないのは、I wanna belive I might be a happy guy 特に、911の自身を中心に親しい方々が遭遇したことを思い出すとね。。。TragidyはNo thaky youダ!
 
これからも、航空安全の願って・祈って、もう少し出国・入国の「重み」を感じようと思います
 
 
 
 以上

nice!(22)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

前回のアメリカ [旅行・マイレージ・ポイント]

ビールの季節です!!!

高尾山のビアガーデンに行く計画があるんですが、参加者の日程が合わず、未だ未定。

 

CIMG2034.JPG
 
Bud Light ラズベリーフレーバー
フルーティーBeer独特な後味・・・まぁ、さっぱりですね

ここ数年で、Budの種類が随分増えた。
 
 
CIMG2036.JPG
アトランタのラウンジ
いつのまにSkyラウンジができたのか・・・気づきませんでした。
セキュリィティを出ないで、外ン空気を吸うのも良いですね^^;
尚、ATL Sky-Clubのこのデッキは禁煙ですので、勘違いなさいませんよう。
(ARL空港Terminalビル内には、未だ喫煙所はあります・・・2014/5月現在)
 
 
CIMG2042.JPG
ローストシュリンプとパイナップル
創作的でしたw
写真の左上、アテンダントさんの手が映ってました・・・合成写真ではありません
 ワインの下に、コースター(紙ナプキン)をセットしてくれました
 
CIMG2045.JPG
鴨のロースト、鰻の卵巻
鶏のゴマダレ(右上)、煮物(左上)
 
CIMG2046.JPG
銀鱈の西京焼き・・・ちょっとジューシー過ぎでした。
ご飯は、相変わらずゴワゴワ
アメリカ発のフライトでは、和食は頼まない派ですが、
この時は;
到着日→バッファローウイング
2日目→ステーキ
3日目→イタリアンでいろいろとShare
と、too oilyだったので、和食をチョイス
 
 今日のオムレツ
 
CIMG2032.JPG
やっぱりベーグルw
 
近々渡米してきます、現地滞在36時間程度のトンボガエリの予定です。
梅雨が明けたら連日猛暑・・・今年の夏も元気に乗り越えますよう!
 
 

nice!(14)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

Free Flight [旅行・マイレージ・ポイント]

連休ですね

日本に比して物価が25-50%程度の国へのチケット取ってましたが、
事情にてキャンセルしました…

キャンセルに伴う持ち出しは、ゼロでした…マイルは即刻戻りました
to my Airline mileage account 、空港利用税等も過去の経験では、
1wk程度でRefoundされます

溜め込み過ぎてるマイルですが、また、次の機会に使わせてもらいます
溜め込み過ぎてるストレス発散の為に

昨夏の繁忙期の欧州フライトのように苦労せず、電話一本ですんなり
取れたのですが、事情は事情にて、やむなし

落ち着いたら、落ち着いた旅を、無論No the work な旅を、planning?
します

自宅と、自宅周辺で連休を過ごします

遅ればせながら、明日朝①、夏タイヤにはきかえます

カジュアルなビジネス靴、だいぶくたびれてきました
連休中に、探してみます

何年か、報国日本でLong distance trip してませんので
青春18切符で…なんて、まだLast minutes を妄想のように
考えてます、です

または…東京メトロ one day free ticketで、そこらを
ウロウロしてるかもw

関東平野を出るか否か、気分次第です

東京を出なければ、たぶん、親孝行ポイントまで
タクシーで[新月]?千円で行けますから

あ、消費税8%になってからタクシー乗ったの
数回ありますが、そのような時は、間違いなく
自身は自信持って酔ってましたので、そこでは
消費税アップを、まだ実感してません、が、
自信消費としては、為替レートの変動の影響の方が
大きいと感じてます

と、いうとこで、近所の居酒屋かスナックに行って
きますW





nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

欧州バカンス ~ 番外 アメリカ編 [旅行・マイレージ・ポイント]

 

欧州バカンス旅行記、未だ二日目迄しか書けてないんですが・・・年内完了は、無理ですねw

番外、アメリカ編です。
ちょっと穴場的なフライトの途上ですNow

いつもと違うところ
1) 羽田深夜発
2) 西海岸まで夜行便でフライトし、西海岸から東海岸迄(Local Time)で、再度夜行便の2連続夜間飛行

※(久々、ワンポイント英会話)
  夜行便のことを Red-Eyeと言います。
  Beer+トマトジュースじゃないですよ!
  米国西海岸で仕事を終え、そのまま空港に行き、予行便で東海岸に(Local Time)で午前5~6時について
  そのまま仕事に行く⇒よく寝ていない⇒目が赤い(寝不足で)≒Red-Eve

さて、自宅から成田と羽田では、成田の半分以下の距離で羽田にアクセスできます。
今回は、金曜日に日曜日のフライトを発券ということで、知人が「Red-Eye2連ちゃんは、意外と疲れん」
という言葉、一応理があると思い、羽田発にしてみました。
関西方面の方なら、関空からではなく、伊丹から出発するような感じでしょうか?

 

1384006839885.jpg

 羽田の国際線ラウンジからの写真


出国後のラウンジは一か所しかありません。
各航空会社が共同運営しているということでしょう。

羽田の国際船の出発カウンターは、A~Hの8レーン
成田の第一・第二、合わせたら、おそらく8x4=32くらいあるでしょう。
そういう意味では、羽田の国際線ターミナルは、未だ発展途上に感じますが、2020年、オリンピック迄には、東京の国際線がてーWayは、再度羽田に戻るように思います。

とにかく、滑走路が多い、夜行便だから、ずっとサンシェードを空けて、空港独特の誘導等と東京の夜景を眺めてました。

1384009781623.jpg
どうやら、ほぼ全ての深夜発の国際線は、By Busのようです。
 
20時頃、羽田に到着しましたが、チャックインカウンタは、某航空会社から、デルタのチェックインカウンターへ返信の途上で、聞いてみたら、21:15以降にチャックインに来てください、とのこと。
 
では、4階に上がって、居酒屋を発見し、そこでしばし時間つぶし。
尚、テナント料が高い(?)のか、生ビール(小)で650円、つまみも割高な感は否めませんでしたが、別の蕎麦屋さんは、天ざる2,000円、回転寿司は、一皿300円代が最低価格なような・・・が、それはさておいて、そこの居酒屋さんはつまみが旨かった、お通しに金払う価値有な逸品でした。
 
 
IMG01730.jpg
 
頼んだのは、Deli Plate
これ、米国⇒欧州の夜間便で初めて食べた時と同じような、感動的な美味しさでした。
ハーブチキン、スモークサーモン(超・どでかい一枚)、ブルーチーズ、ブロッコリーのクリームスープ(こりゃ、上手かった)、サラダ、フルーツ、デザート
 
ワインをガブッと5杯くらい嗜み、そのままガァーガァーとアヒルMode全開で爆睡。
 
そして気づけば、着陸前の朝飯(当地時間だとランチ)でザワザワするまで爆睡
 
IMG01731.jpg
朝飯、銀だらの西京焼き・・・え、これがデルタかい、と、驚くほどほんのりとした西京味噌で、上手し旨し
 
さあ、今、米国西海岸某所のDLラウンジで飲んでます。
今から1.5時間後、東海岸に向けて、二本目のRed-Eyeに搭乗します。
 
体調、すこぶる良好
 
もう一本乗った後のレポートは、次記事?
次は、欧州バカンスの続き?
 
Npbody Know, Only God Know! www
 
 
 

nice!(25)  コメント(27)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

欧州バカンス (4) ミュンヘンン ③ [旅行・マイレージ・ポイント]

MarienPlatzから、Hopp Off Hopp ONバスに乗車

観光名所のバス停を20~30分おきに周回しているバス

CIMG1456.JPG

 

まずは、足を延ばしてニンフェンブルグ城へ

バス停から、城の前庭の全景

 

CIMG1457.JPG
 
城の正面入り口
 
 

 

CIMG1460.JPG
 
 
 
CIMG1459.JPG
バロック様式の17世紀のお城
ミュンヘンは、第二次世界大戦で爆撃を受けてますので、
ニンフェンブルグ城は、戦火を免れてます。
 
町並みで、16世紀の建物の一角に、新しい建物が混在してる場所もありました

 

 

CIMG1461.JPG
 
ルードビッヒ1世が書かせた 「美人画」
36人の美人画がずらり!
 
 
CIMG1464.JPG
 
あっちもこっちも、美人だらけ~w
 
CIMG1470.JPG
 
裏庭
 
 
 
CIMG1474.JPG
 
ニンフェンブルグ城の案内図
帰る時に気付きました
向かって右から入り、裏庭は、向かって左方向です。
 
 
 
CIMG1476.JPG
 
街路樹の葉が、2階建てのバスに、バシバシあたります。
 
 
CIMG1477.JPG
 
走行中、立たないで下さい!
 
結構、スリリングでした。
 

 

CIMG1481.JPG
 
オリンピック公園
 
 
CIMG1482.JPG
 
BNW本社 and 博物館
 
この後、Simense本社、ディーゼルエンジンの生みの親、
ディーゼル博士の生家・・・この辺、半分寝てましたw
 
 バイエルン州のビール祭り、オクトーバ フェスタ、ミュンヘンで開催中ですねぇ
日本でも、場所を変えながら開催しているようです、9/27~10/6@東京お台場が、本年最後なようです@日本
 
Wikipediaより about オクトーバ フェスト

 

つづく


nice!(28)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

欧州バカンス (3) ミュンヘンン ② [旅行・マイレージ・ポイント]

 

 

CIMG1432.JPG
 
目が覚めたのは、午前7時頃
やはり疲れてたか、朝食取る気にならず、そんな時は、まず「動く」
 
ミュンヘンダウンタウンへ移動
 
 
IMG01500.jpg
 
午前9時前後、Holiday-inn ミュンヘンンCity到着
部屋は、空いてましたので、すんなりチェックイン
 
さて、ここでゴロっとベッドに横たわると、動けなくなります。
荷解きもせず、そのままDay-Packを背負ってダウンタウンへ!
 
 
 目指すは、Victlien Market
 
CIMG1439.JPG
 
開店早々のカフェ(?)発見
 
Munichen Beer
PAULANER
 
そして
 
CIMG1440.JPG
 
これこれ、白ウインナー&プレッツェル
 
バイエルン州名物 Weißwurst
ほど良いハーブ
しょっぱい プレッツェル
極楽極楽!
 
 
朝食兼昼食・・・ブランチ
 
写真に18:27とありますから、ミュンヘン11:27am
ブランチじゃなく、ランチでしたねw
 
 
CIMG1441.JPG
 
Open Cafe
 
やはりドイツ語のメニューだけでした・・・
 
 
店のお兄さん・・・何が食べたい?
 
「白ウインナー!」
 
「まかせろ!」
 
「まかせた!  あと、ミュンヘンBeer!」
 
「まかせろ」
 
Beerとウインナーで€10くらいだったと思います。
 
単品のプレッゼル、頼まなくて良かった、ウインナーのおまけのプレッゼルで十分でした。
 
 
CIMG1445.JPG
 
Marien Platz (マリエ広場)
Vicutualien Marketに隣接
 
「H」のマーク、アメリカではHospitalのサインですが
当地では、バス停を「H」と表記するようです。
なんで、H が、バス停なのか、私の知識では・・・不明
 
 1376301067603.jpg
 
アコーディオン音楽隊
 
 
 
CIMG1448.JPG
 
マリエ プラッツ 西/北にあった教会
 
ちょうど牧師様のお言葉が終わるところでした
写真撮影はOKでした。
 
いくつかの欧州の教会を訪れておりますが、写真禁止は少ないみたい。
ミサ中はダメ、というところも
各々で確認しましょう
 
CIMG1449.JPG
 
振り向けば、後方にパイプオルガンがありました
 
さて、ここからHopp-Off/Onのバスのチケットを買って
ミュンヘン市内観光開始!
 
 
 
CIMG1450.JPG

 
街角の花屋さん
 
 
 911米国同時多発テロ・・・あれから12年、干支も一回り・・・合掌
本年は、9月11日に、米国からGuestが来日、一名は成田着、もう1名は羽田着
。。。なんで同じフライトで来ないんだ?
アテンドする側としては、面倒でありました。
9/11、9/13、9/14・・・連日「呑み」で、ちょいとただ今「お疲れモード」
今後、接待という日本語に代わりに、「おもてなし」と表現するようにしてみよう
 
 
CIMG1180.JPG
 
この写真は、ニューヨークです。
昨年、ニューヨーク グラウンドZeroを訪問する機会が有り
あのトラジティーから11年かかりましたが、
ようやく、再度World Trade Center(跡地)を訪れることができました。
この地に花をもって行くことができました。
 
 ※台風18号の被害にお見舞い申し上げます。
  自宅周辺では、特に被害も無く、台風18号は北関東を
  進んでいるようで、東京はそろそろピークを越えたようです。
 
  2001年9月11日、あの日、日本は台風15号が関東方面を
  アッタックしたように記憶しております
 
 
 
つづく
 
 

nice!(26)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - 旅行・マイレージ・ポイント ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。